借入条件

カードローン2社目借りるならどこがいい?体験談から分かる人気の理由

更新日:

1社目の審査に通ったけど、限度額が足りずに2社目に審査申し込み…。

そんな方は実は少なくありません。

限度額を抑えて申し込むのが審査通過のポイントの一つ。

でも、お金を借りても足りなければ本末転倒ですよね。

でも2社目に申し込むとなると、審査に落ちないだろうか、これ以上借りて大丈夫だろうかという心配が出てきます。

そこで今回は、2社からお金を借りたことがある方にアンケートを実施しました。

ここでは2社から借りるメリットやデメリットをはじめ、2社目にそのカードローンを選んだ理由などをまとめてご紹介していきます。

 

このページでわかること

カードローン2社から借りるメリットは、いざという時限度枠が足りなくてもお金が借りられるということ。

デメリットはそれだけ返済の管理が大変になる、という声が多くあがりました。

アンケート結果では、2社目に選ばれるカードローン1位はプロミス、次点でアコム、モビット。

いずれの場合も利用限度額をできるだけ抑え、無理のない範囲で借入を行うことが重要です。

詳細は本文を参考にしてください。

→オススメの2社目から借りたい方はこちら

 

2社目から借り入れるメリット・デメリットとは?

2社目から借りるのって、とにかく漠然とした不安がありますよね。

1社目が借りれたから、恐らく自分の属性や信用情報は大丈夫なんだろう…。

そういう自信があるんですけど、なかなか踏み切れないのが実情です。

今回のアンケート調査では、2社以上から借りた方にメリットとデメリットを合わせて訊きました。

数名の方のプロフィールと合わせてご紹介していきます。

 

2社から借りるメリット。1社だけではカバーできない金額を借りれる

雇用形態 パート
勤続年数 6年
当時の年収 150万円
借り入れ理由 生活費と教育費が足りなかったため
1社目 アコムから30万円
2社目 プロミスから10万円
Q.2社目から借りるメリットはなんでしょうか?
A.1社からだけでは多くの借り入れが難しい場合もあります。

複数社を利用することで、足りない金額面をカバーできるところです。
(42歳スーパーのレジ打ちの女性)

 

アンケート結果でわかる2社目から借りるメリット

  • まとまった現金をすぐに集められる
  • 限度額が増えるため、いざという時に頼りになる
  • 複数社で少額ずつ借りていると、返済の際にプレッシャーになりにくい
  • 色々な金融機関を試して経験にできる

アンケートに答えて頂いた方の多くが、「有事の際に1社だけでは不安だけど、2社あれば頼りになる」と回答していました。

1社だけではなかなかカバーしにくいまとまったお金を、2社目で借りれるという安心感が最大のメリットのようです。

 

2社から借りるデメリット。やはり管理面が最大の敵

雇用形態 正社員
勤続年数 5年4か月
当時の年収 320万円
借り入れ理由 生活費の補填と、幼稚園の入園費用
1社目 ファミマクレジットカードから5万円
2社目 アコムから10万円
Q.2社目から借りるデメリットはなんでしょうか?
A.枠が増えたら金利の負担が両方で付くので、少額の時はまだ気にはなりません。

ですが今後の返済のプレッシャーなどを考えると、少しずつでもきちんと返済していかないといけないと思います。
(42歳小売業の男性)

 

アンケート結果でわかる2社目から借りるデメリット

  • 利率が高くなるので毎月の返済が大変
  • 2社から別々に請求が来るため、管理をきちんと行う必要がある

 

デメリットとしては、「毎月の返済管理が大変だ」という声が半数以上を占めました。

カードローン2社から借りるとなれば、より一層家計管理を徹底する必要があるでしょう。

また「とりあえず契約だけしておいて、いざという時だけ利用する」という使い方をしている人も多くいるようです。

 

2社目に選ばれたカードローンとその人気の理由

 それでは、アンケート結果からわかった2社目に選ばれたカードローンと、その人気の理由について見ていきましょう。

 

2社目にプロミスを選んだ人とその理由

雇用形態 正社員
勤続年数 12年
当時の年収 260万円
借り入れ理由 出産費用がかさんでしまったため
1社目 レイクから30万円
2社目 プロミスから10万円
Q.2社目にプロミスを選んだ理由はなんですか?
A.借りやすくて審査も通りやすいし、提携ATMが近所にあったので返しやすかったからです。

返済可能なATMがどこにでもあるのは、その後を考えても大切だなと思います。
(35歳ビルメンテナンス業の男性)

 

2社目にアコムを選んだ人とその理由

雇用形態 派遣社員
勤続年数 4年
当時の年収 400万円
借り入れ理由 女性関係のトラブルをおさめるため
1社目 プロミスから50万円
2社目 アコムから30万円
Q.2社目にアコムを選んだ理由はなんですか?
A.とにかく即金が必要だったので、ネット上の口コミでも好評だったアコムに急いで申し込みました。

2社目でしたが結果的に即日でお金を借りることができたので本当に助かりました。
(30歳病院勤務の男性)

 

2社目にモビットを選んだ人とその理由

雇用形態 自営業
勤続年数 6年
当時の年収 200万円
借り入れ理由 収入減による生活費の補填のため
1社目 アコムから50万円
2社目 モビットから30万円
Q.2社目にモビットを選んだ理由はなんですか?
A.ネットで申込めたことと、2社目でも借りる額次第では、審査がさほど厳しくないと聞いたため。

ローンカードを持たずにスマホから振込で借入ができるのはすごいと感じました。
(37歳塾経営の男性)

 

2社目にアイフルを選んだ人とその理由

雇用形態 派遣社員
勤続年数 6か月
当時の年収 200万円
借り入れ理由 生活費補填と、旅行費のため
1社目 プロミスから10万円
2社目 アイフルから50万円
Q.2社目にアイフルを選んだ理由はなんですか?
A.インターネットで即日で借り入れができるという口コミを見て、すぐに申し込みました。

審査は少し不安でしたが、それまでの返済もしっかり払っていたので大丈夫かなと考えました。
(31歳事務職の男性)

 

2社目に銀行系カードローンを選んだ人とその理由

雇用形態 正社員
勤続年数 3年
当時の年収 360万円
借り入れ理由 引っ越し費用と暫くの生活費のため
1社目 楽天カード銀行から40万円
2社目 バンクイックから50万円
Q.2社目に銀行系カードローンを選んだ理由はなんですか?
A.安心の銀行系のカードローンで、金利も安く済みそうだったから。

またお金が必要なタイミングで無人の機械があったし、ATM手数料も無料だったから。
(26歳建築業の男性)

 

2社目に選ばれたカードローン第1位はプロミスでした!

今回取ったアンケートで、最もたくさんの方が選んでいた2社目のカードローンはプロミスでした。

大手消費者金融として知名度が高く、ネット上の口コミも高評価だから、というのが大きな理由です。

1社目として利用している方も多く、CMも多いので安心しているという声が多くありました。

次点ではアコム、そしてモビットと続きました。

どちらも大手消費者金融ですが、アコムはスピード重視。

モビットはネット上のサービスに比重を置いています。

どのカードローンを利用していくかはその時々に合わせて選んでいきたいところですね。

 

ここに注意。2社目の審査で気を付けるべきポイント

アンケート結果にもありましたが、「借入額が少なければ、2社目の審査もそう厳しくない」という声が上がりました。

審査を受ける際、利用上限額を抑えて申し込むのは大きなポイントのひとつです。

とはいえ、実際に2社目の審査を受ける時は緊張しますよね。

1社目とはまた気を付けるべきポイントも変わってきます。

ここでは、実際に2社から借りた方が申し込みの際に気を付けたポイントをまとめました。

 

他社からの借入を正直に話す

まず必要なことは、現在他社からの借入があることを正直に話すことです。

ネットからの申込ではなかなか浮き彫りになることはありません。

ですが、実際にオペレーターと話し、状況を伝えることで審査通過に繋がることがあります。

1社目から借りているし返済途中でもありましたので不安でした。

相談するとき、1社目の返済は滞ったことがないことと、月々の返済額が1万円程度なら確実に返済できることを強調しました。

根拠としては空き時間にアルバイトもしている点もあげました。
(25歳自営業の男性)

他社からいくら借り入れてるのかを正直に話し、使う目的は何なのか、返済の計画を詳しく自分から話しました。
(48歳パート勤務の女性)

 

できるだけ必要最低限の金額に留める

これも重要なことですが、借入は無理のない程度に、極力限度額を抑えて申し込みましょう。

1社目に通ったからといって利用限度額を上げてしまうと、それだけで審査の目を厳しくしてしまいます。

また収入に見合わないような額を借り入れてしまうと、その後の返済にも影響が出るおそれがあります。

消費者金融からの借入には貸金業法における総量規制の適用もなされます。

借入状況をきちんと管理して申し込んでくださいね。

できるだけ早く返済したいと思っていたので、その時の生活に必要だった最小限の金額だけ借りる事にしました。
(45歳自営業の女性)
やっぱり生活になるべくは影響が出ないように、極力金利が少なくなるよう、借入額をおさえました。
(30歳建設塗装工の男性)

 

記入・入力は嘘偽りなく、正確に行うこと

他社から借りているからといって、それを隠して申し込んでも必ずバレてしまいます。

虚偽情報で申し込めば、いま借りているところからの融資も受けられなくなるおそれがあります。

現在の借入を正確に伝え、申込書にはウソを書かないように気を付けてください。

すでに借り入れている金額や年収などを正確に伝え、信用してもらえるように気を付けました。

また、借り入れ金額は必要最低限にして申し込むようにしました。
(38歳通信メンテナンス業務の男性)

申込用紙に漏れなく記入する事を心がけ、特に他の金融機関からの借りている額は偽りなく、正確に記入しました。
(28歳印刷業の男性)

 

まとめ:2社目から借りる時も、できるだけ利用限度額を低めに申し込もう

1社目から借りて、2社目もさくっと審査通過!

…とはいかないかもしれないので要注意です。

2社から借りるくらいではまだ大丈夫ですが、金額が大きくなると総量規制のことも気にしなくてはいけません。

2社から借りるとなるとそれだけ返済の管理や金利が増えて、生活を圧迫することになることも。

まずは審査に通るためにも、限度額を低く抑えて申し込むことが重要です。

このページでご紹介したような2社目によく選ばれるカードローンのオペレーターに、正直に事情や状況を話すのも効果的です。

また他社からの借入があるにも関わらず、虚偽記載で申し込めばただちに双方からの借入ができなくなる恐れがあります。

申し込みのときには入力ミスや書き間違いがないかどうか確認しておくようにしましょう。

 

▽今すぐ借りれるカードローンはこちら▽

三菱UFJ銀行カードローン

メガバンクの安心感と低金利

返済は月々1,000円からと計画が立てやすいのもうれしいですね。

利用できる提携コンビニATMも豊富で、地方の方にも便利。

ネット申込み後、ATM設置のテレビ窓口へ行けば、土日祝日でもその場でカードを受け取れます。

※お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合あり

プロミス

今すぐにお金を借りたいならプロミスが最も便利です。

ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

アコム

3秒で借入可能か診断

《アコムを初めて利用する方限定》最大30日間金利ゼロ。

公式サイトから3項目の入力で借入可能かすぐに診断できます。

楽天銀行口座をお持ちなら、ほぼ24時間振り込み融資を受けられます。

50万円までの借入なら収入証明書の提出も不要です。

-借入条件
-

Copyright© カードローン審査に通る秘訣と落ちた人向け情報サイト|審査の女神 , 2018 AllRights Reserved.