借入条件

債務整理後にお金を借りるなら。破産後5年待たずにお金を工面したい時

更新日:

債務整理をした人は、ブラックリスト入りしていることは知っていると思います。

それでは債務整理によってブラックリスト入りした場合、お金を借りることはできないのでしょうか?

そんな状態でもお金が必要になったときはどうすればいいのでしょう。

例えば下記のようなシチュエーションで、お金が必要になることが考えられます。

  • 病気やケガで入院した
  • リストラにあって生活費が不足した
  • 親しい人に不幸がありお香典や交通費が必要になった
  • 仕事で使う車が壊れて修理した

債務整理をして借金がゼロになったり、減額されたりしたとしても、急に家計が回復するわけではありませんよね。

貯金などができるようになるまでには、ある程度の期間がかかります。

それまでの間にお金が必要になったらどうすべきか。

ここではそんな悩みを解決するために、債務整理後にお金を用意する方法について説明します。

 

このページでわかること

債務整理をしたあとに金融機関からお金を借りられるまでは、原則5年以上の時間が必要です。

このため、金融事故の履歴が消えるまでは、物を売ったりアルバイトをしたりして、お金を用意するようにしましょう。家族や知人から借りるという方法でもかまいません。

副業禁止で、売れるものが何もない場合でも、ヤミ金業者から借りるのは避けましょう。

中小の金融機関の中には、債務整理をした人にも融資をしてくれる消費者金融などがありますので、それらを利用してお金を借りましょう。

 

債務整理後に金融業者から借りられるまで最低5年必要

債務整理をすると、個人信用情報機関に金融事故としての履歴が残ります。

この履歴が消えるまで、原則として金融機関からお金を借りることはできません。

それではどれくらいの期間お金を借りることができないのでしょうか。

お金を借りることが出来ない期間は、債務整理方法によって違いがあります。

それぞれの債務整理方法ごとに、金融事故履歴が残る期間が下記になります。

個人信用情報機関や債務整理方法によって、履歴が残る期間の始まりが違いますので注意してください。

自己破産

  • CIC:免責許可決定から5年
  • JICC 日本信用情報機構:自己破産申し立てから5年
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター:10年

 

個人再生

  • CIC:載らない
  • JICC 日本信用情報機構:個人再生申し立てから5年
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター:10年

 

任意整理

  • CIC:載らない
  • JICC 日本信用情報機構:任意整理申し立てから5年
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター:代位弁済が発生してから5年

 

債務整理をした人がお金を用意する方法

債務整理をすると一定期間、金融機関からお金を借りることができなくなります。

このため、金融機関から借りる以外の方法でお金を借りなくてはいけません。

ここではその方法について紹介します。

 

物を売ってお金を用意する

一番シンプルな方法は、自分の持ち物を売ってお金を用意することです。

債務整理をしている場合は、資産価値になるものは持っていないかもしれませんが、マンガやDVDなどでも売却できますし、ブランド品も数万円にはなります。

お金がない場合には、まず手元に売れそうなものがないか確認してみましょう。

衣類でも家電でも使っていないものがあれば、すべて売却してお金を用意しましょう。

 

アルバイトをしてお金を用意する

債務整理をしても、仕事に関する制限はありません。

お金を金融機関から借りられないのであれば、アルバイトなどをしてお金を稼ぎましょう。

最近では日雇い即金払いのアルバイトがいくつもあります。

1日1万円稼ぐこともできますので、必要なお金に応じて働きましょう。

ただし、勤務先の規定で副業禁止となっている場合は、アルバイトを諦めるか、上司に相談してからアルバイトを行いましょう。

 

家族や友人からお金を借りる

債務整理をしてもお金を借りることそのものが、禁止されているわけではありません。

金融機関がお金を貸すことを自粛しているだけですので、家族や友人から借りることはできます。

どうしてもお金が必要になったら、親しい人を頼ってください。

もちろん、返済のスケジュールも含めて伝えるようにしてください。

返済の目処が立っていないのに貸してもらおうとすると、人間関係が悪化する可能性もあります。

貸してもらったら、絶対に滞納することなく返済するようにしてください。

 

ヤミ金業者からの借り入れはNG

お金が必要でも、売れるものもなく副業も禁止で、頼れる人もいない。

そうなるとやはり金融機関から借りたくなりますが、基本的に金融事故の履歴が消えるまで、金融機関からお金を借りることができません。

そうなるとヤミ金業者などを頼ってしまいそうになりますが、これだけは避けるようにしましょう。

ヤミ金業者の金利は「トサン」「トゴ」と言われています。

これは、10日で3割、10日で5割の金利が発生するということです。

ミナミの帝王というマンガの影響で、「トイチ」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

10日で1割でひどい金利だと思ったかもしれませんが、最近のヤミ金でトイチは、かなり親切なヤミ金業者です。

トサンで借りるときに、10万円借りたとします。

利息分の3万円はこのとき払いますので、実際に借りられるのは7万円です。

そして10日後には10万円返済します。

ほとんどの人が返済できずに、次の10日分の利息だけを返済します。10日毎に延々と3万円を払い続けるシステムです。

自分だけは大丈夫と思って借りるのですが、そんなわけはありません。

ヤミ金業者から一度借り始めると、その流れから抜け出すことはまず不可能です。

いくらお金を借りられないからといって、ヤミ金業者に頼るのだけは避けてください。

 

債務整理後にカードローンは使えないのか

債務整理をすると、金融事故の履歴が消えるまでカードローンなどで融資を受けることができないと紹介しましたが、絶対に融資を受けられないかというと、実はそうでもありません。

金融業者がお金を貸さないのは、再度の債務整理を嫌ってリスクを避けているだけです。

このため、金融機関によっては、あえてそのリスクをとって、債務整理をした人にもお金を貸している金融機関がいくつかあります。

それらの金融機関には次のような共通した特徴があります。

  • 金利が高い
  • 借入限度額が低い
  • 小規模経営

小さな金融機関ですので、通常の営業方法をしていたのでは、メガバンクのような認知度のたかい金融機関に負けてしまいます。

そこで、メガバンクのような大手が審査落ちさせるような人にも幅広く貸付を行います。

その際に金利を高く設定をしたり、借入限度額を抑えたりすることで、貸し倒れされたときのリスクを低減しています。

もちろんこれらの金融機関も審査が甘いというわけではありません。

「債務整理後だから」という理由だけで貸し付けを断らないというだけのことです。

お金を借りるには安定した収入が必要ですし、現在滞納などがある場合は融資してもらえません。

債務整理をしてブラックリスト入りしても、絶対に金融機関から借りられないわけではありません。

ヤミ金業者に頼る前に、このような金融機関で借りることができないか検討してみましょう。

1社の審査で諦めるのではなく、3〜4社くらいまで審査を受けてみましょう。

プロミス

今すぐにお金を借りたいならプロミスが最も便利です。

ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

アコム

3秒で借入可能か診断

《アコムを初めて利用する方限定》最大30日間金利ゼロ。

公式サイトから3項目の入力で借入可能かすぐに診断できます。

楽天銀行口座をお持ちなら、ほぼ24時間振り込み融資を受けられます。

50万円までの借入なら収入証明書の提出も不要です。

SMBCモビット

カードローンに不慣れな方、不安な方におすすめなのがSMBCモビットです。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座があれば、借入までの全ての手続きがネット上で完結します。

電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に借入を秘密にしていたいという人にも便利です。

-借入条件
-,

Copyright© カードローン審査に通る秘訣と落ちた人向け情報サイト|審査の女神 , 2018 AllRights Reserved.