借入条件

主婦がお金を借りる。アンケートから見る、お金が足りない時の解決策

更新日:

主婦は夫の給料という限られたお金で、家族の生活を安定させなくてはいけません。

子どもたちの将来のために貯蓄もしなければいけませんし、思った以上にやりくりは大変ですよね。

その結果として、給料日前には手元にほとんどお金がないという家庭も多いかもしれません。

そんなときに緊急での出費があったとき、どう乗り越えたのか。

「お金に困った経験のある主婦」にネット上でアンケートを取りました。

このページで分かること

主婦がお金を借りる理由の多くが、家族のための生活費の不足や突発的な出費によるものです。借りる金額は半数以上が10万円以下と少額です。ある程度の貯金をしておくか、もしくは生活全体を見直して少額のお金で困らないように環境を整えることがベストです。

突発的で防ぎにくい出費などは、実家や親戚からお金を借りたり、物を売ったりしてお金を用意してください。実家や親戚にお願いしにくいような場合は、カードローンなどを活用して、金融機関からお金を借りましょう。

主婦にとって一番お金が必要になるのは生活費

どのようなシュチュエーションでお金が必要になったか、アンケート結果をまとめたグラフがこちらになります。

お金を借りる理由はいろいろとありますが、やはり多いのは生活費が足りていないことによる借金です。

それぞれの理由についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

生活費

以前は年齢とともに給料も増えていましたが、最近ではほとんど昇給もなく、それでいて子どもの教育費や食費はどんどん増えていきます。

収入が増えずに出費だけが増えていきますので、そのしわ寄せが生活費に出てしまいます。

生活に関わるものの質を下げると家族が嫌な思いをするかもしれない。

そう思うとお金を借りてでも、これまでの生活を維持し続けたい。

そう思う優しい主婦が多いからかもしれません。

車の購入・維持

都会で暮らしていると車の必要性は薄く、生活に余裕があれば購入するという考え方でいいのですが、地方に行くと車なしでの生活は考えられません。

一家に2台はあたり前ですので、どうしてもお金が足りなくなってしまいます。

購入時はローンを使うという方法もありますが、購入したあとの車検などで数十万円必要なことも珍しくありません。

ガソリン代なども含めて、家計を圧迫する要因のひとつが車にかかるお金です。

買い物

主婦でもたまには買い物をしてストレス発散したいですよね。

ファストファッションの服ばかりではママ友の中でも浮いてしまいそうで恥ずかしい。そう思うと身だしなみには気をつけたいところです。

衣類だけでなく、家族で使うパソコンやタブレット、壊れた家電の買い替えなどは1年に1回以上発生する出費ですよね。

アンケートの中には「他界した父の霊園購入」というものもありました。

思わぬ出費は、お金を借りてでも用意しなくてはいけないものがほとんどです

引っ越し

会社員をしていると避けられないのが、引越し費用です。

特に大手企業に勤めていると、転勤先は国内ばかりとは限りません。

しかも急な転勤もあります。最終的には会社負担となるにしても、とりあえずの出費は自分でしなくてはいけません。

家族での引っ越しとなると、時期によっては数十万円になることもあります。

新居への入居のためのお金も考えると50万円以上の出費になることも。

そういうときは、本意でなくても借金をしなくてはいけません。

主婦が借りるお金は1万〜10万円

主婦の借金の多くが生活費に使われていますが、それでは主婦はどれくらいのお金を借りているのでしょう?アンケート結果から見ていきましょう。

主婦が借りているお金の多くが、1万〜10万円以下という結果になりました。

本当に生活費がちょっと足りないから2〜3万円くらいを給料日前に借りるだけ。

そういう人が多いことがわかります。

100万円を超える借金の理由としては、結婚資金と先に紹介した霊園の購入といった、突発的な大きな買い物が挙げられます。

結婚資金を貯めてから結婚するのがあたり前の時代がありましたが、最近は結婚してから結婚資金を返すという夫婦が多いのかもしれません。

主婦がお金の困ったを解決する方法は「お金を借りる」

それでは主婦はどうやってお金がない状態を回避したのでしょう。アンケート結果の例を幾つか紹介します。

貯金も底をつきかけていたので、私の両親に事情を説明して援助をしてもらいました。
翌月分の生活費も同時に借りて、なんとか無職・無収入期間を乗り越えました。
自分の持っているハイブランド物をかなり売ってお金にしました。
その日暮らしに近い生活をしていて貯金などなかったので、カードでキャッシングして毎月一万円づつ返していきました。

次の月のお給料で返すことにして、アイフルで借りました。

30日間以内でしたので、利息は無しでした。

物を売ってお金を用意したという人もいますが、多くの人が実家や金融機関からお金を借りて、お金がない状態を乗り切ったようです。

どのような方法でお金を用意したのか、その割合を示したものが下のグラフになります。

 

長期間で主婦がお金に困らないようにする方法

限られた夫の給料でお金をやりくりしなくてはいけません。

このため、毎月給料日前になるとお金を借りてしまう状態であれば、時間をかけてそれを改善していく必要があります。

お金に困らないようにするためには2つの方法があります。

 

支出の見直しを行う

毎月お金に困っているのであれば、支出のバランスに問題があります。

まずは収入に見合った支出になるように、支出を絞ることから始めましょう。

きちんと家計簿をつけて、支出に優先順位をつけましょう。

教育費を減らせられないなら、食費や娯楽費を減らせないかなど、検討をしてください。

パートやアルバイトをする

支出を減らすのには限界があります。

また支出を減らしてプラスマイナスゼロにしても、突発的な出費でまたお金を借りることになります。

そうならないために、パートやアルバイトをして収入を増やしましょう。

できれば、それらはなかったものとして、すべて貯金してください。

短期間で主婦がお金に困らないようにする方法

上のグラフから分かるように多くの人が、お金を借りるか、物を売るという方法でお金が足りない状態を回避しています。

それぞれの方法について、もう少し詳しく紹介します。

実家や親戚から借りる

まず考えたいのが実家や親戚から借りるという方法です。

結婚したばかりであれば、頼りになるのは何といっても両親です。

お金が必要な理由をきちんと説明して、いつまでに返すかを約束した上で借りるようにしましょう。

場合によっては親戚を頼るという方法もあります。

物を売る

主婦でもブランド品のひとつくらいは持っているかと思います。

ブランド品でなくても、売ればある程度のお金になるものがあるなら、それらを売却しましょう。思い出の品など、どうしても手放せないもの以外は、家電や古本など必要に応じて買い取りしてもらいましょう。

急ぎの場合は買取専門店で売却し、時間に余裕があるならヤフオクやメルカリなどの、高価買取が期待できる場所で売却してください。

カードローンを利用する

アンケートを結果にもいくつかありましたが、意外と多くの人が金融機関からお金を借りています。

主婦はお金を借りられないと思っている人もいるかもしれませんが、夫が働いていれば30〜50万円を上限にお金を借りることができます。

生活費を補うためであれば、それくらいの金額でも十分ですよね。

きちんと計画的に借りるべきですが、親にも頼れないという場合は、カードローンという方法もあることを覚えておきましょう。

三菱UFJ銀行カードローン

メガバンクの安心感と低金利

返済は月々1,000円からと計画が立てやすいのもうれしいですね。

利用できる提携コンビニATMも豊富で、地方の方にも便利。

ネット申込み後、ATM設置のテレビ窓口へ行けば、土日祝日でもその場でカードを受け取れます。

※お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合あり

プロミス

今すぐにお金を借りたいならプロミスが最も便利です。

ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

アコム

3秒で借入可能か診断

《アコムを初めて利用する方限定》最大30日間金利ゼロ。

公式サイトから3項目の入力で借入可能かすぐに診断できます。

楽天銀行口座をお持ちなら、ほぼ24時間振り込み融資を受けられます。

50万円までの借入なら収入証明書の提出も不要です。

-借入条件
-

Copyright© カードローン審査に通る秘訣と落ちた人向け情報サイト|審査の女神 , 2018 AllRights Reserved.