借入条件

低金利で借りられるカードローン一覧。利息が安い本当のオススメはここ

更新日:

カードローンからお金を借りる時、あなたならどんなところを見て、どのようなメリットを考えて、どこの金融機関を選ぶでしょうか。

やっぱり一番気になるのは金利ですよね。

貸金業法の改正で年利20%以内になったからといって、返済が長期化すれば払う利息が膨れ上がり、経済的にも大きな負担となってしまいます。

できるだけ低金利なカードローンから融資を受けたい!

でも、いざ比較してみようとなると情報を集めるのは大変です。

ここでは低金利なカードローンを一覧にして、実質年率が一発でわかるようにまとめました。

また、少額融資における注意ポイントや、オススメカードローンの審査通過率なども併せてご紹介していきます。

 

このページでわかること

低金利を謳っているカードローンは数多くありますが、実際に最低金利が適用されるのは限度額が大きい場合のみです。

100万円未満の小口融資の場合、ほとんどの金融機関では最高金利が適用されることになります。

どうしてもすぐに即金が必要だ、という場合には、金利面はもちろん、消費者金融各社が発表している審査通過率にも目を向けるとよいでしょう。

詳細は本文を確認してください。

→低金利のカードローンで借りたい方はこちら

 

 

一番安いのはどこ?低金利なカードローン一覧

以下は2017年5月における大手消費者金融や銀行系カードローンを含めた、低金利のカードローン一覧です。

カードローン名 融資上限額 実質年率 備考
住信SBIネット銀行
カードローン
1,200万円 0.99%~7.99% プレミアムコース・条件あり
オリックス銀行
カードローン
800万円 1.7%~17.8% 100万円未満だと17.8%
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
500万円 1.8%~14.6%  
楽天銀行
「スーパーローン」
800万円 1.9%~14.5% 楽天ポイント特典あり
じぶん銀行
カードローン
800万円 2.1%~17.4% au限定割適用
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
1,000万円 2.5%~18.0% 100万円未満だと18.0%
みずほ銀行
カードローン
800万円 2.0%~14.0%  
モビット 800万円 3.0%~18.0%  
アコム 800万円 3.0%~18.0%  
りそな銀行カードローン
(プレミアムローン)
800万円 3.5%~12.475% クイックローンは
9.0%~12.475%
イオン銀行
カードローン
800万円 3.8%~13.8%  
三井住友銀行
カードローン
800万円 4.0%~14.5%  
プロミス 500万円 4.5%~17.8%  
アイフル 500万円 4.5%~18.0%  
新生銀行カードローン
「レイク」
500万円 4.5%~18.0%  

 

銀行系カードローンが金利面では圧倒的ですが…

上記の表からもわかる通り、最低金利だけを見るとやはり銀行系カードローンが上位を占めています。

特に実店舗を持たないネット銀行の金利が安くなっています。

どうやら、特別な条件を充たすとさらに金利の割引があるなどの特典を設けているようです。

しかしその分最高金利が17~18%とかなり高くなっていることがわかります。

できるだけ安く借りたい!と考える人は、どうしても最低金利だけに目を向けてしまいがちです。

しかし、100万円以下の小口融資の場合、ほとんどの金融機関では最高金利の適用がなされます。

 

最低金利は大口融資のみの金融機関がほとんど

実はこの金利の適用は、借り入れる金額によって大きく異なります。

例えばオリックス銀行カードローンの場合、借入利率は以下のように設定されています。

利用額 借入年率
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円~150万円 6.0%~14.8%
200万円~300万円 5.0%~12.8%
400万円~500万円 4.5%~8.8%
600万円~700万円 3.5%~5.8%
700万円~800万円 1.7%~4.8%

このように、オリックス銀行カードローンの最低金利である1.7%が適用されるのは、利用限度額が800万円である場合のみとなっています。

この利用限度額は申し込んだ人の年収によって決められます。

多くの金融機関では個人に対して年収以上の貸付を行っていません。

一般的には年収の半分程度とされています。

つまり、最低金利で融資を受けるためには、800万円以上の年収が必要だということになります。

これはオリックス銀行カードローンに限った話ではありません。

他の金融機関でも細かく設定されているものです。

広告に大きく最低金利が記載されていても、その金利で借りられる、ということは実は滅多ないのです。

こうした場合できるだけ最高金利が低く設定されているカードローンを選びたくなります。

ですが、銀行系カードローンは審査が厳しく、小口で即金が必要な時には向いているとは言えません。

それでは今すぐに小口融資を受けたい!という時、金利以外に注目するべきところはあるのでしょうか。

 

少額で借りたいときのオススメのカードローンはこちら

すぐにでもまとまったお金が必要なときには、金利はもちろん、審査の通過率に注目するべきです。

銀行系カードローンの通過率は公開されていません。

しかし、大手消費者金融各社は審査通過率(成約率、新規貸付率)を月次発表しています。

以下は大手消費者金融各社の2017年3月時点での審査通過率です。

大手消費者金融 審査通過率
アコム 48.2%
プロミス 44.4%
アイフル 45.3%
モビット 公表なし

大手消費者金融各社の成約率はほぼ横ばいですが、なかでも突出しているのは50%に近いアコムです。

アコムの設定している最高上限金利18%というのは、他の消費者金融と比べても一般的です。

これは法律によって10万円以上100万円未満の融資にかけられる金利上限が18%であるからです。

また、銀行系カードローンと同じく最低金利が適用されるのは借入限度額が大きい場合のみに限ります。

ただ、アコムやプロミスなどの消費者金融には初回のみ30日間利息が無料になるサービスがついています。

少額を借りてすぐに返すのであれば、利用者にはほとんど経済的負担がかからないようになっています。

少額ですぐにお金が必要なときには、金利だけではなく、まずは審査に通過できるかどうか、通過率を気にして申し込むことも大きなポイントとなるでしょう。

 

まとめ:最低金利では基本的に借りられない。急ぎの場合は通過率で選ぼう

このページでもご紹介したとおり、借入限度額が高額にならなければ、広告に出ているような最低金利で融資を受けることはできません。

100万円までの小口融資の場合、基本的には最高金利でお金を借りることになります。

まとまったお金がすぐに必要な時、審査に時間はかけていられません。

もしも落ちてしまえばしばらく融資を受けることができませんし、審査を申し込む業者は慎重に選ぶ必要があります。

そんな時のひとつの目安として、大手消費者金融各社が発表している審査通過率を気にしておくとよいでしょう。

▽今すぐ借りれるカードローンはこちら▽

三菱東京UFJ銀行カードローン

メガバンクの安心感と低金利

返済は月々1,000円からと計画が立てやすいのもうれしいですね。

利用できる提携コンビニATMも豊富で、地方の方にも便利。

ネット申込み後、ATM設置のテレビ窓口へ行けば、土日祝日でもその場でカードを受け取れます。

※お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合あり

新生銀行カードローンレイク

銀行ローンの安心と、無利息のオトクさ

新生銀行カードローン レイクなら、2つの金利ゼロ円が選べる!

サービスの利用が初めてなら、「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の2つが選べます。

ネット、スマホからなら申込完了後、申込み完了画面に表示。

銀行系ならではの安心感と、金利ゼロ円サービスのお得さの両方を備え持つカードローンですよ。

アコム

3秒で借入可能か診断

《アコムを初めて利用する方限定》最大30日間金利ゼロ。

公式サイトから3項目の入力で借入可能かすぐに診断できます。

楽天銀行口座をお持ちなら、ほぼ24時間振り込み融資を受けられます。

50万円までの借入なら収入証明書の提出も不要です。

-借入条件
-

Copyright© カードローン審査に通る秘訣と落ちた人向け情報サイト|審査の女神 , 2018 AllRights Reserved.